保険見直しアプリで得する方法

近年のスマートフォンの普及により、スマホでも簡単に保険の見直しが出来るようになりました。
※しかし、今はまだそれでも少ないです。

 

当サイトのトップページでも説明をしていますが、やはり見直しの時に注意をしたいのは、

  • 同じ系列の保険会社の比較サイト
  • 評判が悪いファイナンシャルプランナー

これらには十分に注意が必要です。

 

ネットで検索していてもはじめはよくわからないので、とりあえず、1位で紹介されているサイトで比較して、その結果を鵜呑みにしてしまう……。
そんな人は多いです。

でもでも!

少しでも今よりも特をするプラン変更ならいいかもしれませんがもっとお得なプランを探したいと思うから、ネットで探しているのですよね?

 

だったら、中立な立場で比較してアドバイスもしてくれる
「保険マンモス」ですよ!
口コミでその人気が広がり、その実績が評判です。

 

なんども言いますがこれは、

中立な立場

で、

実績があるファイナンシャルプランナー

だから出来ることです!
★特定の保険会社と契約しているアドバイザーではこうはいきません!

 


スマホ対応、保険見直しはコチラから

 

安心な理由

相談後に、しつこく保険を勧めてくることもないし、面倒なこともありません!
簡単にしかも、親切、丁寧にアドバイスしてくれるから、口コミでその人気が広がったのです!!!

 

保険よりも投資の方が良い保障になるのか?

保険にお金をかけるよりも、その分投資運用した方が
将来何かあった時に役立つ、という考えで投資に注力している人もいるようです。

 

つまり「保険でないといけないような保障は保険をかけ、そうでない保障は投資や貯蓄で賄う」という考えです。

 

 

中には養老保険や貯蓄系保険、個人年金といった死亡保険とは別に
将来に備えた保険もありますが、途中解約したら戻ってくるお金は
支払った保険金の総額よりも少なくなるため、長い目で見たら
あまり得をしないと考えている人もいるようです。

 

 

そのため、見直しをする際に真っ先に貯蓄系保険を見直し対象として、浮いた代金を株式など投資に回すというものです。

 

投資自体もリスクがあるので、保険よりも有利になるとは言い切れないですが、目的を考えた場合には投資に回した方がいい、というパターンもあります。

 

死亡保険や火災保険のような場合は投資で対応することが出来ないので、これはかけ続けた方がいいでしょう。
投資に自信がないから、という人や原本割れを気にするという人は投資よりも
定期預金などの貯蓄も選択肢に入れると良いかもしれませんね。

 

この様に金融商品が多種多様になってきている現在は、
言われたままお金を投じるよりも、自分の考えでお金を動かす勇気も必要なようです。