プロバイダ変更時の理由と契約内容

今まで浜松で利用しているプロバイダに対して
不満に思っている点を整理してから、新しいプロバイダへの乗り換え手続きを始めると良いでしょう。

 

なぜなら、乗り換えを行なう理由が明確でなければ、折角変更を行ってもメリットが感じられないからです。

 

回線速度が遅いからなのか、料金の高さが原因なのか明らかならば、プロバイダ乗り換え後に得られる満足感が違うでしょう。

 

プロバイダ乗り換え時には、契約期間内の解約を行なうと違約金が発生することになりかねません。
新しいプロバイダへ相談する前に違約金の有無を確認しておくと、決心が鈍ることが無くなります。

 

全ての準備が整った段階で、新しいプロバイダへ相談しながら申し込みを行なうと、
最適な契約プランを提案してもらえるでしょう。

 

少なくとも2種類のプランを提示してもらえれば、選択が可能となるので、比較検討することが出来ます。
回線契約自体の切り替えは、順番があるのでプロバイダの指示通りに手続きを進める必要があるわけです。
プロバイダのみを乗り換えて回線契約は残す場合には、よりシンプルな切り替え手続きで済むことから、
比較的短時間でプロバイダ乗り換えは完了するでしょう。
全ての手続が終わってから、今までのプロバイダを解約すれば完了です。

 

 

オプション選びで騙される?契約内容の注意点

プロバイダ乗り換えを行なう時には、最低利用期間の有無を確認する必要があります。

 

オプション契約を選ぶ際には、最初から最もお得という理由で、2年単位や3年縛りといった
長期契約を行なうオプションが勝手に付けられていることがあるので要注意です。

 

お試し期間が設定されていない契約を行なうのではあれば、長期契約のオプションを
追加するかどうかは、じっくり考える必要があります。

 

長期契約を行ってしまうと、すぐにもう一度プロバイダ乗り換えを行なうことが難しくなるので、
目先の特典や安い料金に騙されないようにしなければなりません。

 

原点に立ち返り、なぜプロバイダ変更をしようとしているのか、理由が明確になっていれば
迷ったりオプション選びで騙されることは無くなるでしょう。

 

料金の高さがプロバイダ変更の理由ならば、オプションは全く選ばずに契約することが得策です。

 

速度面を重視するならば、速度アップに繋がるオプションのみ加入すれば良いでしょう。
回線種別が同じであっても、実際のインターネット接続を行なうのは
プロバイダの仕事ですから、アクセス回線に余裕があればプロバイダ変更により速度改善が見込めることがあります。

 

プロバイダ乗り換えの目的に合ったオプション選びを心掛けるようにしましょう。